BS...Bedtime story

略してBS ベッドタイムのお供に。おとぎ話のような正確性のない空間

いやブログタイトル変えろよ、という我が人生へのツッコミ

突然はてなブログアスペクト比が変わり、超絶小さい文字を見つめることとなった私は、途方にくれている。文字が親指姫みたいでカワイイねぇ、、なんて言ってはいられない。何故こうなったのかまるで理解できない。人生は摩訶不思議である。いつか戻る日は来るのだろうか、、                                                                           それはさておき、私はそろそろブログタイトルを変更しようと思っている。                                             英語と音楽、真面目に取り組めなかった私が悪い。そう、、寿命縮まるんデスノートがあれば、ぜひ記入してみてほしいくらいには、、、、ワルい。                                                                            それにしても、集中している時にどうでもいいことを話しかけてくる奴は一体何を考えているのだろうか。                                              さてと、そんなこと知る必要もないのだが、私はいかんせん、四文字の言葉に弱い。それが全部漢字であればなおさら、弱い。自分好みの匂いを纏った場所を見つけた時くらいには、弱い。                                                                            すごくノスタルジーに浸れるなんとも言えない匂いが漂った日には、そこに骨ごと埋めたくなる。 私はそれほどの情熱を、このブログに懸けようとしている。やだ、怖い。である。                                             こんなにあふれでるほどの情熱を語ってはいるが、今のところなんと、なななんと、候補がない。  、、、、ない。ああ、最近そういえば頭が弱くなっているんだ、すまない僕のせいだよ、なんて言い訳が通じるのは豪華客船に乗ったキランキランの果物ナイフを持った王子くらいである。                                                                            今日の文章はグダングダンである。   ブログタイトルをこれにしてくれ、という要望があれば、快く受け付ける。いや自分で考えるよ、って言いたいけど今、気力が足りないようだ。                                                                            あ、ちなみにアスペクト比の問題はなんだか勝手に解決した。画面をタップすればいいだけだった。バカ。