したたり落ちていく果実

実を成す果実はその成長をとどまることを知らない。

 

 

 

いつか滴り落ちていくとしても、実を成そうとするその姿は、美しい。

 

 

 

我が手に落ちていく君を、しかと見届けていたい。