一部のフェミニストは単なるミサンドリーだという話

フェミニズムというとMetoo運動が記憶に新しい。フェミニストというと男女平等をはかり女性の地位を守ろうとする人たちのこと。

 

 

 

のはずなんだけど、

 

 

Twitterとか見てると、フェミニストじゃなくてミサンドリー(男性嫌悪、憎悪)なのでは?と思う節が多々ある。

 

 

例えば性犯罪や裏切り、いじめなどでそうなってしまったパターンは同情するけど、個人的に得したいとかちやほやされなかったとか、そういう理由でフェミニズムを振りかざす女って一体・・・・・・・・・・・

 

 

何なのだろうか?

 

 

いくらフェミニズムという大義名分があるとしても、感情的で男性に対する罵詈雑言がひどい人を見ると、フェミニスト全体のイメージダウンになりかねない。フェミニズムの本来の意味や動機が、ほわ~んとしか伝わらず、なんだかヤバい奴らがいるという印象が強く、真意が伝わらない。

 

カテゴライズすると人は安心するみたいだけど、フェミニストというカテゴリーを得て、安心して人を叩いて自分を正当化しているようにしか見えないのである。

 

 

やだなぁ。

 

 

本来のフェミニズムはすばらしいものなのに。

 

 

 

 

男も女もみんなフェミニストでなきゃ

女のキリスト教史 ──「もう一つのフェミニズム」の系譜 (ちくま新書)