読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独身顆族

多幸感的文章を目指して。あの世とこの世の間で会おう。飽きたら捨ててね。

パクチー好きな奴は果たしてカメムシも美味しいと思うのだろうか

セロリ、納豆など・・・・・好みの分かれる食品がこの世にはある。その中で昨今ムーブメントを起こしているのはそう、パクチーであろう。

 

 

先に言っておくが食わず嫌いではない。残念ながらパクチーは不味かった。虫のような味がする・・例えるならカメムシ・・・そう、パクチーカメムシの匂いと同じ成分なのである。

 

 

こんなものを「美味しい♪」と言いつつ食うなんてトチ狂っている。どうした、日本人の味覚よ。日本人は繊細で優美な味覚の持ち主ではなかったのか。日本で食べる食事は大抵美味しいものばかりなのに何故、パクチーが流行るのか。

 

 

そんなにカメムシが食いたいか。美味しい葉っぱなら水菜があるじゃないか。パクチー好きならカメムシも食ってみろよ。食えんのかよ。

 

 

皿に盛られたカメムシを見て「美味しそう♪」くらい言ってみろよ。

 

 

 

 

人は修行を終えると神もしくは仏になると言うが

・・・・・だから何?とは思わないか。

 

 

 

神や仏になれば偉いのか。「私、神です(ドヤ)」「俺、神だから(ドヤ)」なのか。そもそも神や仏になったところでその先に一体何があるというのだろうか。というかまず、神や仏になるためにに人がいるのだとしたら、そのシステムは何処の誰が造ったのだろうか。そして少なくとも私は神や仏になることを望んではいないのだが、そうしたらなぜ人間に生まれてきたのだろうか。もしかして生まれる前は崇高なことばかり考えているタイプだったのだろうか。

 

 

分からない。

 

 

小さいころ、人類はどこからやってきたのかを考えだした時の感覚に似ている。壮大すぎて分からない。

 

誰か教えてくれないか。Tell me why.....

 

 

分からない、と言えば人は自身の寿命を知らない人がほとんどだが、それもまた人生が気だるいものとなる要因だろう。

 

「あぁ、そうねぇ。あなたあと3年しか生きられないわよ~」なんて言われたら・・・かなりの喜びを感じるだろう。それは体中の赤血球が騒ぎ出すほどの。私は自分にほとほと呆れている層である。あと3年だなんてラッキーだと感じるような感性である。私を造りだした何かには申し訳ないが、私はこういう人間となってしまった。神と仏よ、すまない。

 

 

まぁでもねぇ~、とりあえずこのブログがもう少し人気になってくれたらなんて野望は持っている。

 

読者数は伸びない、新規流入が少ない。私は魅力的な文章を書けていない。リピーターがいてくれるのは有難い。とても。だがしかし、私は趣味ではなくこれで食っていきたいと思っている。このままでは厳しい。

 

多分のこと、自身に合った内容を書いていないから伸びないんだろうと思うが、その内容が分からないから悩んでいるわけである。

 

 

何~、私に合った内容って何すか~・・・・・・・・・・砂場の中からラインストーン見つけ出すくらい難しいんすけど~。

 

 

個人的には映画が好きで映画は結構観ている方なので映画評論であったり、世の流れや人の流れに自身の思いを述べたり、もし小説を書くとしたらスリラーやサスペンスになるだろう。あとはエロいことは書きやすい。エロいお姉さんシリーズをしばらく続けようか・・・

 

 

思うに私はつくづくスムーズな人生は歩めないのだろう。やはりちょっと特殊なことでも書いていた方がいいのか。

 

 

もしかして文字じゃなくて絵の方がいいのだろうか。

 

 

(え、あの画力で?)

 

absinshex0.hatenablog.com

 

 

 

うぅん・・・・でも上手いからって売れるわけじゃないからね・・・

 

 

悩みは深く重い。な~んだ、結構修行してんじゃん。

 

映画「氷の微笑」 評論

WARNING

 

私の評論は全くもってタメにならない。お馬鹿な視点でしか考察していないため無駄なお時間を割くこととなることを了承願いたい。

 

 

 

シャロン・ストーンのお股パッカーンで有名なこの映画。死ぬまでに観たいとは思っていたがついに観る時が来たようだ。あらすじは教えないのでご了承下さい。でもネタバレは若干するため見たくない方は全部読んだ後記憶を抹消して下さい。

 

 

1992年/アメリカ合衆国
監督/ポール・バーホーベン 
出演/マイケル・ダグラスシャロン・ストーンジョージ・ズンザ,ジーン・トリプルホーン

 

 

 

氷の微笑/Basic Instinct

 

 

 

 

難解な点がない大衆的な映画である。シャロン・ストーンのアイスピックさばきが素晴らしい。私は未だにゴールドの鎖形のネックレスと彼女の首筋が忘れられない。彼女がお股をご開帳するシーンは序盤に出てくるが、その際、彼女の股を見てしまった眼鏡の太った男の顔つきのいやらしさは見物。本気でいやらしい。空腹の中エサを目の前に置かれた豚のようであった。

 

濡れ場が多く、それも割と本格的な為15歳以下の子供には見せない方がよい。マイケル・ダグラスが「あぁーーーーっう!!」って言ってるくらいだからかなり過激である。シャロン・ストーンの胸囲は勿論丸見え。少し暗めの肌色がそそる。

 

 

ジャンル的には心理サスペンスだと思うが、その割にはイージーすぎて謎解きの楽しさはない。あれ、あんなに濡れ場があったから官能映画だったかもしれないね。ジーン・トリプルホーンが好みのルックスだったから許そう。

 

しかしシャロン・ストーン演じるキャサリンはいい家に住んでいやがる。私も何かで大当たりしたらあんな家に住んでベッドで大暴れしてやる。見ておけ。

 

 

 

 

この映画に対する感度は・・・・・・・・

 

10点満点中6点

 

 

 

 

ロジャー・ムーア死去・・・彼の胸毛を継承する人物を探したい

eiga.com

 

私の中で007のジェームズ・ボンドといえばこの方だった。彼には胸板に悠々と生えている胸毛の素晴らしさを教えてもらった。胸毛は男の嗜みとまで思うようになった。

 

 

爺様になられてからはなんだかファニーな佇まいと化していたが、若い頃の彼はかなりセクシーでデンジャラスであった。見ただけで妊娠するどころか子育ての準備をしだすレベルである。やはり子育ては女の本能なのだろうか。

 

しかし彼が亡くなってしまったため、胸毛のセクシーさを伝えてくれる男がいなくなってしまった。同じく007でボンドを演じたショーン・コネリーもなかなかだが彼もそろそろ逝ってしまいそうなのでもう少し若い男で検討したい。私は胸元にセクシーな胸毛を称えた男を探すと決めた。

 

 

そこで私は色々と調べ上げた。

 

 

するとだ。

地中から焼き芋を引っこ抜くように胸毛男が出てきた。

 

 

※画像は著作権に触れるため載せないでおきます、知りたい方は各自下記に出てくる名前で画像検索をして下さい

 

 

 

 

1、エド・ウェストウィック

ゴシップガールのチャック・バス役で有名な男。四画めなお顔がファニー。神経質な役をやらせると上手そう。そんな彼の胸毛は現代人にしてはかなり生えている(というかはやしている)方。ただもう少し毛が密集してる方がゴージャスかも。

 

 

2、ジュード・ロウ

著名なハリウッド俳優。端正な顔にしては生えている方。そのせいか毛髪が・・・・・・天は二物を与えず。

 

 

3、アレック・ボールドウィン

キング・オブ・胸毛。若いころの彼の胸毛はかなりヤバい。ジャングルでも草こんな生えてませんよ~ってくらい生えている。濃さと密集度がファビュラス。素晴らしき美胸毛である。

 

 

4、フレディ・マーキュリー(Queen)

既に死去はしているがすごい胸毛なので紹介しておく。彼は胸毛もすごいが腹毛もすごい。ついでにまつ毛も眉毛も・・・・・・・毛の濃さとボーカリストとしての実力は比例しているのだろうか。

 

 

5、ヒュー・ジャックマン

愛妻家で有名な彼も結構胸毛が生えている。だが放つオーラが善良すぎて胸毛とは相性が悪い人物。性格がいいのも考え物である。

 

 

 

以上である。

 

もう少し掘り起こしたいのだが、昨今は胸毛を生やさないのが主流(本当かよ)らしくあまり見つからなかった次第である。残念。

 

 

日本では清潔感やか弱さが男女ともに重視されるせいか、胸毛は人気がない。そんな現状を私は悲しんでいる。みんな、もっとワイルドさにも注目してよ!!萌え~とかJKと付き合いたい~とか言ってんじゃねーよ。マッチョな男は嫌~やっぱぁ~細マッチョってやつぅ~?とか言ってんじゃねーよ。はぁ、この先日本全体がワイルド志向になる時は果たして来るのだろうか。いや、来るように私が流れを変えるしかない。

 

 

胸毛の未来は私にかかっている。

 

 

こんなお姉さんはエロい.3

仕事終わりの午後8時、帰り道にある河原に座り、缶ビール片手に街を眺める。すると頬に涙が伝い、口からわずかに零れたビールの滴と合わさる・・・

 

 

 

 

エロ良い。

こんなお姉さんはエロい.2

炎天下の中ソフトクリームを頬張っていたが、暑さのせいかクリームが溶け、Tシャツの中腹に零れてしまう。それに気づき、「あ・・・もう」と言いいながらため息をつく・・・

 

 

 

 

エロ良い。

 

 

 

 追伸

「エロ良い」か「エロいい」、どっちがいいと思いますか。私ちょっと、そういう細かいところが気になるんですよ。

こんなお姉さんはエロい

キャミソールと膝丈スカートで自転車を一心不乱に漕いでいるが、時々スカートの裾を気にし、漕ぎを緩める・・・

 

 

 

 

エロ良い。