梅田HEPファイブから飛び降り自殺巻き込み

今週のお題「いも」

 

mainichi.jp

 

 

男子高校生がHEPファイブから飛び降り自殺を図り、下にいた女子大生が飛び降りに巻き込まれた。巻き込まれた女性は後に死亡。まずはご冥福をお祈りします。自殺したいほど追い込まれている気持ちは想像できなくはないけどあえて人通りの多い金曜の夜に決行する必要はない。楽しんでいる人への当て付けか、一人では寂しいから巻き込んだのか真意は男子高校生にしかわからないけど、あまりに身勝手で殺人事件として扱ってもおかしくない。17歳という年齢もあり、外の世界への知識のなさや視野の狭さが自殺へと招いたのだと思うけど、巻き込まれた女子大生のことを思うと、あまりに無残で擁護できない。

 

その場に居合わせた人も見なくていいものを見てしまったし、隣にいた女子大生の友人の悲痛な心境は容易く想像できる。

 

 

私は今まで生きてきて飛び降り自殺や人身事故などの衝撃的な場面に遭遇したことがないため想像でしか書けないけど、とにかく自殺するなら全部やめてしまえばいいのに。自殺するほど追い込まれてるんなら、恥を捨ててすべて放棄してしまえばいいのに。繊細なのか人生経験のなさなのかわからないけど今見てる世界がすべてではないんだけどな… まぁでも、私自身10代の時は驚くほど傷つきやすくて視野も狭くてどうしようもない人間だったからあまり彼を責められない。10代特有の繊細さと問題から逃げ出せない視野の狭さを誰か他者が救い出してあげてほしい。そういう機関、知らないけどあるよね多分。そういった機関が活発であれば10代特有の自殺問題は少しは減ると思う。ま、一番は鈍感になることだけど。そこが10代には難しいんだよね。

 

🍠🍠

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました