ベージュ難民、秋を彷徨う feat.2019 fall

やったよ。ようやく秋が来たぜ。。。。。。。。。

 

 

 

 

 

と思ったそこのあなた。

 

 

 

私は意気消沈しています。なぜなら、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

ベージュが似合わないから。べーじゅ・ベージュ・Beige

 

 

流行色は年々かわ変わっていくけど、ま、秋といえばベージュですよね。

 

 

君もあなたもベージュ。お隣の奥さん。それどころか全国民へ捧ぐ。ベージュ色のときめき、いかがですか・・・・・・と言わんばかりの秋のベージュ・フェア。私は心を痛めています。

 

 

なんでって、、、、、、、、、、

 

 

服着てないように見えるから。きゃ、言っちゃった、はずかしい!とかは特に言いません。

 

 

ベージュってオシャレカラーじゃないですか?なのにどこかの民族に見えるんですよ。私が着ると。服着てる?あ、ベージュ?やっぱ、ベージュなの?って。

ベージュには人のオーラを失せさせる何かがあるんですか?

 

肌との一体感、土に埋まったかのような血色感の無さ、醸し出す地味なオーラ。

 

 

これは、ダメだ・・・・・・

 

 

 

まぁね、でも靴とかバッグなら持てるんですよ。顔の近くに持ってくるものじゃないから。ベージュのスエードとか可愛いですもん。ね?

 

 

何歩が譲ってボトムもOKですよ。でもトップスと顔周りには持ってきちゃ、、、デンジャラスヒューマンとして街中を闊歩しなきゃいけない。

 

 

あなたにはそんな勇気、ありますか?

 

 

私には、ないです。

 

 

 

あ。ベージュはダメ、って人でもグレージュならいけます。グレーとベージュの合わさったの。ふふ、この色似合わない、って人あんまりいないんですよ。中間色ってやつですね。はは。なんて世界に優しい色なんだ。