【美女採掘】フラワー・メグ

私はホラーやミステリー映画が好きなのですが・・・今回の美女は顔からほとばしるホラーみを感じる美女となっております。

 

 

 

 

その方はこちら。

 

 

 

f:id:absinshex0:20190119133313j:plain

フラワー・メグ

1951年10月7日

日本のグラビアモデル、女優、歌手。

 

 

東京都目黒区出身。
劇団ひまわりに所属していた頃の本名は木村和代。東京都立第一商業高等学校を卒業後に、舞踏家の石井満隆が主宰する舞踊研究所でダンスを本格的に学ぶ。1970年の暮れから、東京都港区赤坂のゴーゴークラブ「スペース・カプセル」のアングラ・ショーに出演。このショーを見たNETテレビのディレクターが、1971年4月開始の新番組『23時ショー』のカバーガールにスカウトする。
フリーで活躍中の武田京子ディレクターも、フラワー・メグミノルフォン音楽工業株式会社に売り込み、1971年6月1日発売の『ベッドにばかりいるの』で歌手デビュー。太平ビルの録音スタジオでは、宣伝用にパンティー1枚だけの上半身ヌードで身長160cm・バスト76cm・ウエスト58cm・ヒップ85cmの肉体を披露しながら歌うなど、話題を呼んだ[1]。
急遽付けられた芸名の由来は「目黒に住んでる花」。雑誌やテレビ番組のカバーガール、ヌードモデルとして活躍するかたわら、女優としても内藤誠監督の東映東京作品や新藤兼人監督の『鉄輪』(かなわ)など4本の映画に出演。初めてテレビに上半身ヌードで出演した女性と言われ、その大胆な行動と日本人離れした容貌で注目を集めたが、ちょうど1年間の活動の後、20歳で引退した。
近年は再評価により、再び音楽活動を始めている。

 

 

 

彼女の顔を初めて見た時、とにかくセンセーショナルだったんですよね。

 

 

 

f:id:absinshex0:20190119133540j:plain

メイクが特徴的で可愛い。

 

 

f:id:absinshex0:20190119133612j:plain

顔が怖いのかメイクが怖いのかもはや分からない。

 

 

何だろう、こういう轟惑的な雰囲気の人って貴重だと思うんですよね。生きていながら死んでいる、みたいな強烈なコントラストを醸し出していて。アンバランスな感じが惹かれるというか。

 

 

f:id:absinshex0:20190119133850j:plain

寝姿は可愛い。

 

 

多分、彼女の顔にホラーみを感じるのって、元の素地(印象的な目など)もあると思うんですが、メイクの効果が大きいと思うんですよね。

 

何だかそうやって化けてる感じも、心惹かれますね。

 

 

ホラーみを感じる美女って、違う意味でゾクっとしませんか?

私は好きです。

 

 

 

 

 レトロ感あふれる映画に出演。

ポルノの帝王