【数分で読める陰謀論】クリスマスは悪魔崇拝の日だった?

もう12月ですね。今年は楽しく過ごせましたか?

 

私はもうちょっと真面目に過ごしたらよかったです。そして自分の勉強不足が気になるので来年は色んな意味で勉強を楽しむ一年にしたいですね。

 

 

年末、12月といえばそう、あのイベント

 

クリスマス

 

 

今回は、クリスマスにまつわる世界の裏をお教えします。

 

 

数分で読めるというタイトル通り、簡潔にまとめますと、クリスマスは楽しいお祝いの日ではなく、悪魔崇拝の日なのです。

 

 

クリスマスはキリストの誕生日ではなく、サンタクロースはプレゼントをくれるおじいさんではありません。そもそもクリスマスは悪魔崇拝であるキリスト教を広げるための口実ですが、サンタクロースはほんの数十年前につくられたインチキ物語でしかありません。本物のサンタクロースはセント・ニコラウスというのです。
そもそもクリスマスはイエス・キリストの誕生日ではありません。本当の誕生日は秋だという説があり、その他には春だという説もあります。いずれにしろ12月25日はニムロドの誕生日であり、これは旧約聖書で最初にヤーヴェに逆らったものの名です。ニムロドはその意味で悪魔であるとか反逆者であるといわれてきましたが、その誕生日を祝うのは当然ながら理由があるわけです。

 

 

いかがでしたでしょう。

 

 

この説についてご存知でしたか?

 

 

 

判断するのはあなたの脳です。

 

 

 

 

図解 悪魔学 F‐Files

残酷なクリスマス (ハーレクイン・ディザイア)

[matti totti] 極上のカシミヤ100% マフラー【女性用】大判 厚手 無地 【26色】 A0111B

[matti totti] 上質のカシミヤ100% マフラー 190cm×30cm【メンズ】大判 厚手 【21色】 A0125E