独身顆族

夏だね、、、、、太陽光のフラッシュ浴びよ。

逗子ストーカー殺人事件/狂気の愛

今回はストーカー殺人の読み解きをしていきたいと思います。

 

 

 

 

逗子ストーカー殺人事件とは

2012年11月6日に神奈川県逗子市で起きた殺人事件。被害者が住むアパート内で刺殺後、その後すぐ自らもアパート内で首を吊って自殺。

 

 

犯人の名は小堤英統(こづつみひでと)。都内や沖縄で非常勤講師として働いていた。生徒の評判には何ら問題はなかったようだ。

 

そんな彼が何故ストーカー殺人を犯したのだろうか。

 

 

彼の出生図のアスペクトに目を通すとあることが分かった。

 

金星・土星冥王星/Tスクエア

男性にとって金星は女性(恋人)を表す。その金星が土星オポジションを形成し女性に対して見る目が厳しかったり束縛したりする傾向がある。そしてそのアスペクトにさらに冥王星がスクエアでアスペクトしている。冥王星は極端さを表す。こだわりや執着。徹底的に物事(彼の場合は女性)に執着する姿勢が表れている。このアスペクトだと暴力的でもおかしくはない。

 

それに加え

火星・天王星オポジション

突発的に行動を起こしてしまう傾向もある。

 

 

被害者の生年月日が分からないので相性図は作成できないがストーカー殺人を起こす素養は十分にある。勿論彼と同じアスペクトを持っていても何も起こさない人がほとんどである。アスペクトは使いようで全く違う結果になる。どう使うかはその人の人格次第。

 

 

素養はあるが現実に行動に起こすにはトランジット(現在の星の動き)と出生図との兼ね合いが重要である。

 

 

彼が被害者を執拗にストーカーし始めたのは2010年4月頃。2011年4月には「刺し殺す」との脅迫メールを送り、2012年3月下旬から4月上旬にかけては被害者は1089通にも及ぶ嫌がらせのメールを受け取っていた。そして2012年11月6日に被害者を刺殺した。

 

2012年11月6日

彼の出生図の金星・土星冥王星/Tスクエアにトランジットの金星・冥王星天王星が絡みグランドクロスを形成していた。グランドクロスは非常に強いエネルギーを持つ。彼が潜在的に持っている凶暴性にトランジットの星が拍車をかけ、変化と革命の星・天王星が絡んだことにより彼は犯行に及んだと推測される。

 

彼の中の被害者に対する憎しみや執着が犯行を犯す間の数年、消えることなく存在していたことがアスペクトで分かる。これはかなり辛かっただろうと考えられる。何とか耐えてほしかったのだが。

 

 

私自身は出生図で金星・冥王星/コンジャクションを持っているからか、彼に少し同情してしまう面もある。同情というか、哀れみか。彼はきりきりと迫る消えない憎悪に勝てなかったのだ。

 

愛とはあたたかい光ではなく、つめたい闇を誘うこともあるのだ。