独身顆族

蓮っ葉な姉さん、かっこいいっす・・・!ってでんぐり返ししながら私に言って下さい。

あまりにも不倫が多いのでもう結婚制度廃止したら?と思う日々

数年前、一躍ブームになった不倫ドラマ「昼顔」があった。上戸彩演じるしがない主婦と、斎藤工演じる北野先生が繰り広げる純愛風不倫ドラマだ。

 

 

 

このドラマのヒットのせいか、メディアで不倫が頻繁に取り上げられるようになった。そして昨年はベッキー×川谷絵音をはじめ芸能人の不倫報道で界隈は賑わっていた。昨今では「オス化する主婦」やら「不倫妻」など、不倫は男性だけがするものでもなくなってきているようである。

 

 

私自身、既婚者の男性から不倫の誘いを受けたことがある。ネットサーフィンをしていると同じ経験をした女性も結構な数見受けられ、中には不倫と知って既婚男性と交際している女性までもいる。

 

 

NO・・・・・・・・・私はこの現状を非常に気持ち悪いと思っている。別に浮気心を否定しているわけではない。だがしかし、人間には理性というものがあって、「浮気してーなー」と思うのと、実際にするのとは大きな違いがある。愛がうつろいやすいものというのは知っている。しかしそこで踏ん張らないなんて一体何のために人間をやっているのだろうか。

 

 

そして私はこういう風に考えるようになった。

結婚制度を廃止したらどうか、と。

最初っから「真実の愛」とか「変わることのない信頼」なんてない気がしている(どこかにあるとは思いたいが)。なのに結婚という契約を交わしてしまうから問題が起きるのである。

ほかに姦通罪という手もある。それ自体はいいと思うが、決定的証拠を突き止めるのが難しいのが引っかかる。それに痴漢冤罪ならぬ姦通冤罪なんてことが起こりそうで怖い。「そろそろ夫と別れたい」なんて理由で利用されては困る。

 

 

「妻とは別れる」やら「ワタシにはあなただけ」なんて耳なじみのいい事ばっか言って結局は肉体的・精神的快楽を得たいだけ。もちろん生きていく上で幸福という感覚は人間にとって必要なのだが、あまりにも不道徳で低俗なのは避けたいであろう。

そんなに新鮮味やスリルを求めるのであれば、最初っから結婚なんてしなければいいのである。結婚制度なんていらないのである。

 

 

 

私は怒っている。