読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独身顆族

多幸感的文章を目指して。あの世とこの世の間で会おう。飽きたら捨ててね。

水原希子とEdwinのCMに出ている謎の男

あの人は一体誰なんだろうか。水原希子と「夏デニム」とやらを履いて水鉄砲を撃ちあっているヒト。何だかどこかで見たことがあるようなないような顔・・・・・

 

 

 

浅野忠信・・・・・にしては若いし、瑛太・・・・・・にしてはすっきりしすぎだし、無名のモデル・・・・という線が一番濃厚な気がしていた。まぁネット社会の現代では、こんなことはさくっと検索してしまえばよい。

 

 

 

 

どうやら謎の男の正体、さわやか水鉄砲君は瑛太だったようだ。

 

 

あれ~・・・瑛太ってあんなにかっこよかったか・・・なんか若返ってないか・・・CGの使い過ぎなのでは・・・・・・と思うと同時に水原希子というモデルは一発で認識ができるいいルックスの持ち主ということを痛感した。

 

瑛太といえば主張が強い耳にラクダのようなのんびり感がポイントのはず。それなのに何故この仕上がりなのか。

 

このCMの瑛太は普通に無名の若いモデルにしか見えなくて何だかな・・・・無駄にときめいてしまった心を返してほしい。瑛太は全く悪くない。ただ私が新しいもの好きなだけだ。「わ、新しい奴きたー・・・・ってなんだ、もう有名な奴かよ」と勝手に落胆しただけである。

 

 

CG(画像処理)の使い過ぎといえばアリナミンのCMでの西島秀俊が筆頭に上がる。画像処理によるヌメヌメ感が実にマイナスに働いておりせっかくのCMなのに清潔感ゼロ。本人は一体どう感じているのだろうか。

 

 

そんなこんなで、夏デニムを履いて、なにか成し遂げてみたいこの頃である。なんて感じに締めくくりたいところだが、夏なんてキーボードを打つ手が汗ばむ。そして暑さで判断力が鈍る。あまり文筆には適していない季節である。薄着だし気分も高揚するし、すごい文章でも打っていたらどうしようか・・なんて思う。

 

 

だがしかし、私は書く。書いていたら多分どこかでいいことがある。継続は力なり・・・幸運はふいに訪ねてくる。うまく掴むために日々精進だ。

 

 

私はゴルゴ13ばりのスマートな夏を過ごすことを飼い犬に誓った。