独身顆族

蓮っ葉な姉さん、かっこいいっす・・・!ってでんぐり返ししながら私に言って下さい。

え、部活動で食べられちゃうんですか?

今週のお題「部活動」

 

 

部活動。それは青春の光り輝く海岸へといざなう言葉か、泥臭い沼へと千鳥足で向かう言葉か・・・・・・・・・・

 

 

 

はぁ。君たち、部活動をかったるいと思ったことはないか。私の場合、性質が怠惰なもので(冬の休暇中に熱も出ていないのに2日風呂に入らなかったりする)人間が普通に日々繰り広げていることをやることすら面倒なのだが、この場合も例に漏れず怠惰であった。なのに何故部活動なんかに入ったのかと言うと、学生の私を見る私の目を気にしていたからだ。学生というのは自意識過剰になりやすい時期である。少し無理をしてしまうのである。若さは荒野をひた走る。「わわ、私、ややや、やりますっ・・・・・・・・・!!」と言いたい自分がそこにいたのである。

 

 

さて、何部に入ったかは伏せておくが、私は部活に入った。

 

 

そこで私は気づいたのである。部活動は・・・・・・・・・・・・・・・食えるな、と。こりゃあ、食えるな、と。まぁ~、たっくさん食えるな、と。ただ飯食らいまくりだな、と。

 

 

 

はん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?

育ち盛りだからお弁当たくさん食べるのね・・・・・・・・・・・・・・・・・?カロリーメイトも持っていきなさい・・・・・・・・・・・?

 

 

 

 

馬鹿だなぁ。近頃の学生はそんなんじゃ満足しないよ????

 

 

時効だと思うので話そう。私はそこらへんにいる人間を片っ端から食っていったのである。主に相手は男であった。性的な意味が含まれているかはご想像にお任せするが、結構食った。中にはありゃあ、上玉だった、って奴もいた。たらふく食らわせていただいたよ。もう私はお腹がいっぱいであった。食いたいわけではないのに人を欲していた。その結果、いや報いが今の私である。というよりもう朽ち果てたのである。世の中を静観しだしている。

 

 

きっとどこかで一定期間、生霊でも憑いていた時期があると思う。じゃなきゃあの時の私はおかしい・・・・・・・・・・と思う出来事が頻発していたことをどう説明したらいいのか。誰かみえる人にみてもらっておけばよかった。え?元から狂っていますって?・・ああ、その線を候補に入れるのを忘れていた。全くよく気がつく読者である。

 

 

そして・・・

部活動で腹を満たしていた私は、無気力な人間へと成長を遂げたのである。人から魂を吸い取った私は、何らかの形で魂を抜き取られたようだ。誰だ・・・私の魂を抜き取った奴は・・・・返せ・・・・・返すんだ・・・・・・・おおお、寒気がする。人生がいつ急変するかなんて、誰にも分からないのである。これから真人間になるにはどれくらいかかるのだろうか。気が遠くなる。生まれ直した方が早いと思う私であった。

 

 

 

みんな、よーく聞いて。部活動で食べられるのは、カロリーメイトだよーーーーーーーーーーーーーーーーー。

 

私みたいに変なの食べちゃ、ダメだよう。分かった?はい、それじゃ解散ねーーーーーーーー。

 

 

 

 

※これは巧妙なカロリーメイトの宣伝ではありません