独身顆族

夏だね、、、、、太陽光のフラッシュ浴びよ。

霊感と0感のあいだ

お題「誰にも信じてもらえない体験」

 

今日は、今晩は。ツジョン(仮)です。

 

 

春の日差しを感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。私は花粉による体調不良に見舞われています。スギの木伐採して下さい。ツジョン(仮)からのお願いです。

 

 

 

さて、お題は誰にも信じてもらえない体験ですが・・・・・・・・・・・

 

 

 

そういうネタは結構持っているんですよ。幸か不幸か、持ってるんですよねぇ・・・・タイミング悪いんでしょうかね。しなくていい体験はしなくていいんすけどね。つくづくツイていません。

 

さて話をつづけましょう、誰にも信じてもらえない体験の王道といえば、

心霊体験でしょうか。

 

 

心霊・・・・・・・・あぁっ!あなたの後ろに髪の長い女性がっ!しかも脚がないぞぉおおおおおおお!!( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

とかじゃないですよ。

 

心霊体験って、もっと掴みどころがなくって「え、今の勘違い?」「今、私(僕)何してた?」となるような体験なんですよ。

 

 

暖簾に腕押し的な印象を受けやすいんです。

 

 

うわ!めっちゃ怖いやんけ!!鳥肌立ちまくりぃぃぃ!!ふぅ、怖かった~・・・・あっ!後ろに・・・・・・さっきのお化けが!もう私(僕)の人生おわったぁぁあぁぁああああああ!!

 

 

 

繰り返し言いますが、こんな状態にはなりません。

 

 

 

案外と日常にひっそりと佇んでいるのです。

(それ、逆に怖かったりするよね・・・)

 

 

 

ここで私の心霊体験を一つ、お聞き願いたいと思います。※怖い話が苦手な方は猛ダッシュで逃げて下さい(このページを閉じて下さい)

 

 

 

 
当時中学生だった私が、部活を終え、夕暮れ時の街を抜け、自宅に到着しリビングで寛いでた時の話。

 

 

確か冷蔵庫にあった梨を食べていたかな。食べ終わって「はぁ~・・・トイレ行こう」とトイレに向かおうとしたその時。

 

リビングからトイレへと続く廊下に、顔だけしかない女性が見えたのです。

 

私と同い年くらいでしょうか、こっちを見てニコッとしている・・・・いや、ニヤッとしているのです。少なくとも私は嫌な印象を受けました。

 

やばいもん見た、と思った私は目をそらしました。がしかし、好奇心には勝てずもう一度目を向けてしまいました。ここで普通は幽霊が消えているはずなのですが

 

 

まだいるんですよね。よくある怖い話だと二度目はもういない、っていうのが定説なんですけど。いる。

 

怖いのになぜか目が離せなかった。私はこれではダメだ、と思い目をそらす。
 
そしてスーパーウルトラ好奇心が強い私は、もう一度目を向けました。

 

 

そうすると次にはもういなかった。

 

 

 

あ~怖い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・書いてて背筋凍ってきました。

 

 

もうすぐ3月だから許して下さい。

 

 

怖い・・・・・・・・・・・・・あのねぇ、家にいるのは反則ですよね。※ちなみに今現在もその家に住んでいます

 

 

私は0感(霊感がゼロ)ではないですが「霊感あるよ!」と豪語できるほどの霊感の持ち主ではありません。ほかにもエピソードはありますが、これくらいは皆さん経験されていると思っています。

 

しかし幽霊って何なのでしょうね。心霊体験って、なぜ起きるんでしょうね。そもそ幻覚か何かなんでしょうか。

余談ですが、幽霊は大きな音を怖がるらしいですよ・・・

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

香り豊かな花々へと、そろそろミツバチが集う季節に、ひんやりしていただけましたでしょうか。

 

 

 

 

以上です。

 

 

 追伸

幽霊より怖いのが生身の人間だって、あなたならもう知ってますよね?・・・ヒィィイイイ!