独身顆族

蓮っ葉な姉さん、かっこいいっす・・・!ってでんぐり返ししながら私に言って下さい。

期待させといてごめんなさいねパート1「触れないと困る」

「え・・・・・・・・・・・・・・・・・こんなところ触ってもいいの?」

 

 

 

「いいよ、勿論。むしろ触られたくてウズウズしてるよ。君に触らせたくてここに立っているようなもんだろうからさ。さぁ、どうぞ。」

 

 

 

「いやっ・・・・・でも、私そんな大胆なことできないわ。20歳過ぎたとはいえ、まだ、そんな・・・・・・・開放することはできないわよ。」

 

 

 

「いいじゃないか。何なら僕が開放させてあげるよ。ほら、触るんだ・・・・・・・手、貸して。」

 

 

 

「いやよ・・・・・・・・・・怖いわ。今にも飛び掛かってきそうじゃない。こんなの怖いわ。勇気が持てない。」

 

 

 

「そんなこと言うなよ。このままにしておくと余計すごいことになるんだぞ。いいのか。早めに経験しておかないと、後先困るぞ。若いうちにやっておこうよ。ほら、触って。」

 

 

 

「え・・・・・・・・・・・ま、まぁそうよね、早く私も大人にならないといけないわよね。恥ずかしいけどそうね、それじゃあ・・・・・・・・・・・・・」

 

 

 

「ほ~ら、どうだ。どんな気分?怖くない?体温、伝わってくるだろう?・・ほんと、可愛いなぁ、まったく。な、全然大丈夫だろ?」

 

 

 

「本当ね。まぁ、なんて可愛いんでしょう。このシベリアンハスキー!なんだかこの子、笑っているような気もするわ。可愛い。今まで犬を怖がっていたのが勿体ないくらいよ。あなた、ありがとう。これで私も大人になれたわ。苦手克服どころか犬のことが好きになったわ。」

 

 

 

「ほら、僕の言った通りだろう。犬は可愛いんだよ。これからは思う存分触ってやれよ。そうしたら大喜びさ。よかったね、○子。」

 

 

 

「ええ、私、もっと頑張るわ。頑張っていろんな種類をいっぱい触ってみるわ。あなた、何だか楽しみね。さ、家に帰りましょ。」

 

 

 

「そうだな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 

 

 

 

 おしまい

 

 

 

 

誰か私を住まわせて下さい

何だかもう今の生活に疲れている。このままここにいるとずーっとこのままな気がして怖い。ダメなままここに居座りそうで怖い。ダメだから居座るのかここにいるからダメなのかは分からない。私も早く一人で生きていける術を身につけなくてはいけない。簡潔に言うともうこの家を出たい。ということで家だけ貸してくれる人がいればこんなにいいことはないんだがそんなに上手い話はない。あったとしても事件の香りがする。しかも残念なことに私は女だ。私は多分見知らぬ土地でよく知らない人になんかされてあの世行きだ。相手が女の人なら安心・・・・・て訳でもない。どこに狂気が潜んでいるかは分からない。まぁ、それはそれでいいかもしれない。私が若干望んでいることだからである。スリルだ。人生にはスリルが必要なのである。家事全般はそこそこできます。まぁ、家事なんて誰でもできるか。料理は向いているみたいで極めればいいところまでいけそう。いや、まぁ普通にできる程度です。免許はない。ついでに人生経験もない。今、興味があるのは芸術関係のみ。今、というかずっと興味はあったが今は半端ない興味を抱いている。だから芸術関係の仕事をされている方ならなお良い。しかし私は贅沢な人間である。こんなに要望を出しやがって。我ながら浅ましい。

 

 

出来たら私は東に行きたい。首都直下型地震を夢見て。というのは冗談である、人が多いところの方が私の存在が紛れるからである。鬱屈とした気持ちも紛れるはず。そして私の書く文章でもなんでもいいが、芸術性だけが評価され私自身の存在は蔑ろにしてほしいのである。私を見つけないで。

 

 

男の人でも女の人でもよい。危ない人でなければよい。危ない人っていうのは私のことを物理的に殺そうとしてる人のことね。それに加え気が合えばよい。できたらタバコを吸わない人がよい。大酒飲みでもいいが、私は下戸なので付き合いは残念ながらできない。風呂は一番最後に入る。相手に合わせるのは苦ではないので(他人なら尚更)自分勝手なことはしない。もしかしたら急に泣き出すかもしれないが、別に理由なんて聞かなくてもいい。

 

 

相手の年齢は気にしない。できたら結構年上の人の方がいいかもしれない。昔のカルチャーが好きで、感性も昔っぽいから。私は20代前半である。生活の中で一番重要視しているのは睡眠である。持病はないが肌が荒れやすい。別に金のかかる女ではない。浪費家ではないし物を大切にする。物にも心があるだろう。あとは神経質で注意深い。細かい作業が得意である。

 

 

どうでしょう。こんな私でもあなたの家に転がり込めますかね。しかし家族には何て言おう。いきなり失踪なんかしたら警察呼ばれそう。それに失踪した人を匿うのって法に触れそうな気がするが。でも何か言って出て行くとしても絶対に止められるであろう。あー・・・・・まさに家庭との呪縛・・・・・・・・私は家庭から離れたいんだなー・・・・・

 

 

誰か貰ってやって。

 

 

 

一緒に暮らせないよ、って人でも何か意見あればコメント欄かはてブでなんかコメントしてね。

 

 

最近、能年玲奈が出てるCMのエイリアン感に驚いた

エイリアン感って・・・・・・・・・能年ちゃんの表情が変とかキョドってるとかじゃなくてですね。あまりにも周りの人間より美しすぎてね、エイリアンみたいに浮いちゃう存在って意味なんですよ。美しいという言葉の意味は多岐にわたります。彼女より美人やセクシーな人はいると思うけど、やっぱり彼女にしかない人を惹きつける魅力がありますよね。レモン果汁をそこらへんに振りまいているような清涼感。キラキラした謎の瞳。りんごみたいに可愛い頬。くるくる回転しながらレモン果汁を振りまく能年玲奈・・・想像してみて下さい。浴びたくなるっしょ。

 

 

 

ほら、「まるで 僕らはエイリアンズ 禁断の実 ほおばっては」って曲が流れて後押ししてますし。このCM、能年ちゃんがぽけーっとした顔で白シャツ着て突っ立ってるだけなんですが私はかなり衝撃を受けましたね。彼女のこと、前から可愛いとは思っていたんですがこのCMの彼女には釘付けになってしまう。マジで心が洗われる。

 

ちなみにCMで流れているのはキリンジさんの「エイリアンズ」という2000年に発売された楽曲だそう。全然知らなかった。これ、LINEモバイルのCMなんだ。へぇ。しかしLINEモバイル使ってねぇ。LINEは知ってるけどLINEモバイルってなんだよ。つくづく現代の旨味を吸ってねぇ。機械には慣れている年代のはずなのにこの有様ぁああああ。能年ちゃん、ごめん。

 

 

 

しかし能年ちゃんが二コラってファッション雑誌に出てた頃はまさかこんな存在になるとは思ってなかったな。彼女、出始めの頃は結構ちゃきちゃきした印象だったんだけど高校生くらいには今の雰囲気になっててさ。思春期に一体何があったんだろう。気になる。大きな転機があって、何かを悟ったのだろうか。そういえば能年ちゃんって菩薩オーラを感じる。綾瀬はるかも同じく。ご利益ありそうなんだよね。彼女の同期には日南響子(きょうこ、じゃなくてきょおこ、だよ)って子がいたんだけど、好きだったなぁ。彼女、アニメから飛び出してきたかのような完成度なんだよね。ちょっと近未来を感じるルックスというか。彼女はなんか色々あってショートカットのモードな感じになっちゃったけどね。

 

 

でもさ、結局のところ、白シャツの破壊力ってすさまじいんだねって話になるんだよ。もちろん能年ちゃんみたく似合ってること前提なんだけど、白シャツってやばい存在だよね。見ただけでドキッとくる。外歩いてても白シャツ着てる人は男女問わず見てしまう。だって白いシャツだよ。白い・・・・・・・シャツだよ。

 

 

シロイ・シャツ。

 

 

あ~お、トレビア~ン・・・・・・・・・・・

 

 

 

このCMを見たら、しばらく能年玲奈に思いを馳せてほしい。渡部建佐々木希が結婚するけど、のんちゃんと言えば佐々木希じゃなくて能年玲奈だからな。(そのわりにずっと能年ちゃん呼ばわりしてた・・よね)

 

中学生や高校生の時って何故あんなに愉快な人間だったのだろうか

愉快といえば聞こえはいいが、ただの自信過剰、拡大妄想の激しい人種で、何をしてもハレルヤ~な感じで大人からしたら不愉快な存在であった。もちろん今の自分からしても不愉快だ。というか恥ずかしくてその時期の自分だけ消し去りたい気分になる。もう最悪。文章とかもそうだが(学生時代に手書きで日記をつけていた)気味が悪い。あの佇まい、気味が悪い。俗にいう中二病高二病ってやつとはちょっと違う。不完全なのに完全を装い、そして何をやっても無敵、「あは♡私or俺らに文句つける奴いんの~?いたらおいでよ~、ほれほれ、ハグしてあげるよ」感がすごく恥ずかしい。(あれ、これ中二病じゃね・・・・・・・・)

 

 

 

私みたいな奴だった人は結構いると思うが、それでも学生時代そんな奴じゃなかった人もいる。そこに人間性の大きな差を感じる。いいなぁ、クールで。カッコいいなぁ。生まれた素地から違いそう。フェイクレザーとリアルレザーみたいな。切ねぇなぁ。本当に恥ずかしい。

 

 

 

エピソードを挙げてみよう。私は中高生の頃、異様に自分に自信があった。全く根拠のない自信だ。何故か女の子にキャーキャー言われる存在ではあったが、何の実績もない空っぽの人間であった。何の自立もしていない、学校と家と遊び場の往復をするだけの存在。それなのにまぁ・・・・・・・

 

 

「私が一番素敵」だの「私が一番優れている」だの、そんなことを思っていた。当時の日記を読み返すと嫌ほど伝わってくる。よくぞこんな奴と仲良くしてくれていたな、と思う。学生時代の周りの皆さま、すみませんでした。

 

気持ち悪い、こいつ誰だよ。私、こんな人間だった覚えねぇよ!!( ゚Д゚)ふざけんなよ!!!!!Oh,NO・・・・・・・・・・・・・・ワタシコンナヒトシンジラレマセーン・・

 

と言いたい。それくらい痛い。気持ち悪い。ひどい人格であった。

 

 

それに恋愛狂いでもあった。半端なく気が変わるのが早く、ありとあらゆる相手をひっかけては楽しんでいた。

 

あぁああああああああああああ・・・・・・消し去りたい。悪寒がする。こんな人間最低じゃねーか( ゚Д゚)クソ尻の軽い女じゃねーかよ。きめーんだよ。墓に埋めるぞオラァァ!!!

 

 

はぁ・・・・・・・・・・すごく体力消耗するね。ブログには何でも書いてるけど、この内容は消耗する・・・・・こんな内容でごめんね。でも事実なんだ。私、前はこんな奴だったんだよ。

 

 

どうかな、黒歴史ってやつは笑えるだろう。え、笑えない?・・・ちょっと君ひどいよ、って・・・・・・?

 

 

 

まぁ、このブログは白と黒なら黒、朝と夜なら夜、ダークサイドな部分を映し出す傾向にあるんで仕方ない。

 

 

 

うん、許して。もうちょっと笑える記事、これから書いていくからさ。

 

 

 

それじゃあね。ばーい。

 

 

ビル・クリントンのモテっぷりに憤りを覚える

何この男。どんだけガールフレンド作ってんだよ。ラブアフェアーしまくりじゃねーかよ。クソ・・・・・・・女なのに悔しい。何故だ。何故だか悔しくなってくる。なんだあの男は!なんでだ!なんでなんだよ!!( ゚Д゚)

 

 

 

www.fujitv.co.jp

 

あなたは観てますか。それか観てましたか。この番組。

 

 

 

しかしどうしてビル・クリントンには女が寄ってくるんですかねぇ。クリントンは深夜の街灯か何かなんですかね。女がわらわらと寄ってきすぎじゃないですか。有名なのはモニカ・ルインスキーですが、なんであんなイイ女たちが寄ってくるんですか。私にも一人くらい分けてほしいです。

 

もしかしてネームバリューですか。それとも彼は何かフェロモンでも発してるんですか。実際会うとめちゃくちゃ紳士なんですか。何なんですか、理由は。顔はまぁ整ってると思うけどそんな奴いくらでもいるんですよ。彼がモテる理由って一体何なんですか。

 

 

ビル・クリントン「そういう星のもとに生まれた・・・・・・・僕は罪な男さ、ごめんね・・・・・・・」

Bill Clinton @ UNCC

(非常にむかつきますね)

 

 

 

ビル・クリントンを見ていて思うんですが、モテる男が結局のところ一番得してるんですよ。何も男だけがモテる男を憎んだり羨んでいるわけじゃない。

 

 

モテる女より得してるんですよ。モテる男は狡い。何故ならいくら遊ぼうが妊娠の危険性がないし、結局のところ女の浮気や不倫より男のそれは甘く見られている。モテる男ゆえのフットワークの軽さがうらやましいっす。マジでうらやましいっす。まぁ私はフットワーク軽かろうが浮気や不倫はしませんが。

 

 

はぁ・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いいですか、皆さん。私は来世ビル・クリントンよりモテる男に生まれ変わる予定なんでここで先に言っておきますよ。その時皆さんが男か女かはたまた愛らしいワンちゃんに生まれ変わっているかはわかりませんが、私を見て一喜一憂して下さい。是非。

 

 

 

さて、華々しいモテ男の名前は何にしようか・・・・・・・・あ、キャメロン・カッセルにしよう。キャメロンでチャーミングさを、カッセルで重厚感を演出してみましたが、どうですか。気に入りましたか。コメント欄でもっとモテそうな男の名前、募集しますよ。よろしければご意見下さい。

 

 

 

しかしビル・クリントンってやつは・・・・・・全く、いけ好かないですねぇ。

 

 

 

苦しみから逃れるにはどうしたらいいかの考察

今現在、私の人生において史上最強に辛い時期に差し掛かっている。はっきりと言うが私は精神的に病んでいる。死にそう。小さな心臓がひぃひぃと言っている。頭はガンガンしている。実に切ない。具体的に言うと何度も確認行為をしてしまう疾患である。さっきも確認したのにもう一度確認、安心したと思いきやもう一度確認・・・・という不毛な病である。私は記憶喪失にでもなったのであろうか。この病は決して珍しくはないのだが私は耐えられない。なぜなら生きている以上、確認する事柄が常に湧いて出てくる。その都度確認、確認したのに不安を感じ再度確認、という作業を繰り返すのは精神的に摩耗する。こんなのはイタチごっこなのである。だが、気づいているのに止められない。それが病なのだろう。

 

 

こういう時、一思いにこの世からおさらば出来る粉薬とかがあればいいなんて考える。その粉薬があれば安心するだろう。いつでも逝ける、と。もう少し頑張れそうな気がしてくる。命を粗末にするな、と他人は言うがその人の苦しみはその人が受け止めるしかない。そんなの辛いではないか。逃げ場がない。一人ひとりキャパシティーも違う。もうダメだ、という時に耐えられない人だっているのである。私は今、そこに差し掛かっている。耐えられるかは自分次第。結果は分からない。

 

 

さて、タイトルにも書いてあるが苦しみから逃れるためにはどうしたらいいか、について語ろう。私がしていることは、出来るだけ現実的なことをするということ。部屋の掃除や今書いているこのブログを書くなど、普通のことをするのである。あとは、一時的な安寧を得たいなら音楽を聴く、映画を観るなどの現実逃避行為をする。でもこれは甘いアイスクリームみたいで、おいしいけどすぐに溶けてしまうからおすすめはしない。終えた後、虚しくなってしまうかもしれない。気持ちがない人と一夜を共にした時のような。その虚しさが悲しみへと変わったら・・・・と思うと怖い。

 

あとは、自分をロボットと思うこと。「私or僕はロボット。ロボットなんだからこんなことを考えているなんて実におかしい。笑えてくるね」なんて感じに。

要は自分を若干放棄してみて、という話である。自分を見つめすぎるな、ということ。まぁ、私はこれが出来ないから苦しいんだろう。ちょっと真面目すぎるのだろうか。真面目っていうのもきついもんだ。真面目というか完璧主義か。(なのにこんな不完全なブログを垂れ流しているという突っ込みはやめてほしいっす)

 

精神的に強い人に憧れる。来世があるとしたら絶対欲しい部分だ。勇者の剣、って感じでカッコイイ。まぁ、死にたいんだけど具体的に自殺方法を調べないあたり、まだ生きたいんだろうと思う。いや、前に調べたことがあるんだけど「きつそう」「怖そう」「苦しそう」「死ななさそう」なのしかなくてさ・・・・・

 

だからこんな感じで生きている。

 

 

いつか解決するときは来るのか。解決というか、気にならなくなる時が。遠いな~・・・なんか。遠すぎて目を休めるのにちょうどよくなっちゃうね。

 

衝撃的瞬間に過去の私は何をしたか-下ネタが苦手な方は撤収-

誰にでも衝撃的瞬間に立ち合う機会はあると思う。私の衝撃的瞬間はよくある類のものだと思うが、はてなブログは上品なブロガーが多いと思うためこんなタイトルにしておいた。あしからず。私はエクレアを頬張りながらこの記事を書こうと思う。

 

 

さぁ、もうなんとなく気づいているとは思うが、私は男女の情事中を運悪く目撃してしまった。場所は公衆トイレであった。そして私は中学生であった。うちの地域は治安が悪いのだろうか。私はそのせいかセッ○スというものはお手軽なものだと感じてしまった。だって公衆トイレで致しているのである。全くもって夢がない。汚い、ただの排泄行為(それが本質ではあるが)ではないか。

 

あの時の自分の進行方向を恨みたい。運命はちょっとしたひねりで変わってしまう。うぅ・・・もう戻っては来ない。比較的きれいなトイレではあったが、それでも汚さは拭えない。

 

事の顛末を語ろうと思う。まず、扉がバーンと開いていたため、丸見えではあった。完全に攻め込んでいる最中であった。鈴の音のような女性の声が響いていた。なぜ閉めなかったのだろう。閉め忘れだろうか?・・・・なわけない。こんなものを見てしまった中学生はまともな人生をおくれない。もはや殺人現場を見てしまった時のような感覚が走った。

 

そして双方が私の存在に気づいたようで、なぜか軽く会釈をされることとなる。はぁ・・・・・・・・・・・・・・・?!!!!とりあえずその動きやめたらどうなんですか??と全力で思ったあの時を忘れない。何故やめるという決断に至らなかったのか。本当に摩訶不思議である。まぁ、公衆トイレで致す人たちのことなんて理解できなくて当然か。

 

私は猛ダッシュで公衆トイレを後にした。体育祭並みの全力疾走だったであろう。あの時、スカートの揺れとともに大事なものを落としていった感は否めない。もう取り戻せない。切ない青春の思い出・・・・・・・にしては汚いな、おい。

 

 

当然、私は家に帰ってシャワーを浴びた。秋だったのに、シャワーを浴びた。汗もさしてかいていないのに。全部洗い流したい気分がそうさせたのだろう。私は何も悪くないはずだ。しいて言えばトイレを学校で済ませておかなった点が悔やまれる。

 

そして私は部屋着に着替え、ベッドに横たわる。

 

手にはたくさんのゼリーが包まれていた。

 

 

みかん味・・・・・・・・・・リンゴ味・・・・・・・・・・・葡萄味にしよう、と頬張った瞬間、気を失ってしまった。

 

その後見た夢の内容は誰にも教えないと決めている。