独身顆族

読んで「ほぉほぉ・・・」と悦に入れる文章を書きたい

無駄に潔癖なのは疲れるけど、結局は金で解決する

私は衣服の汚れを気にする。ここまでは普通の範囲だ。まさしく普通の人間だ。アイム・ノーマル。が、しかし、私は少し異常だ。何でかって・・・・衣服が汚れたことをとっても後悔し、衣服が汚れないかを異様に気にしているからだ。

 

 

料理をする時なんて大変だ。最難関とでも言おうか、私の潔癖性は料理中に発揮されることがほとんどである。(それでも毎日台所には立っている、この時点でかなりの修行体質だと思う)

料理する過程には衣服が汚れる危険性がたくさん散らばっている。

 

 

葉物の野菜を洗おうとする時・・・・・・・あぁああああ、土がついた水が服にバウンドする・・畏怖・・・・と思いつつ遂行する。

青物野菜だと、まな板で切った時に色素が目立つ。あぁあああ、これを衣服に飛ばさないようにしないと・・・・慎重に・・と思いつつ遂行する。

肉や魚なり何なりを炒める、焼く・・・・・・・油飛びが・・・・・半端ない・・・・嫌悪・・・・なぜか時折息を止めつつ遂行する。

 

 

え、エプロン?

 

 

もちろんつけている。それでも気になる。エプロンを突き抜けて浸透してきそうで怖いのである。もはやパンデミックである。料理自体は好きなのだが、こういった理由から料理中の私の表情は優れない。

 

そういえば、潔癖性以外にも私は神経質だ。神経質なんだ。こういった部分は生まれ持った性質だと思う。はぁ・・・・・生物として脆弱・・・とため息をつきそうになる。程よくきれい好き、ならいいのである。それはとても日本人らしいし、愛らしい。私は衣服の汚れに恐怖心を抱きすぎである。潔癖・・・・そんな自分でもいい、と受け入れられたらこんなことを苦には感じない。私には今のところそれが不可能だ。潔癖と正常のはざまで嘆いている。

 

自分を見つめてみると、この潔癖性は物に対する執着心からきているのだと思う。決して物をため込むタイプではない。ただ、失うのが怖いという気持ちが人より大きいのだろう。そうか、お金を出して手に入れたものを失うのが怖い・・・・・・・これは・・・お金をかなり稼げば解決しそうだ。そうすれば、失ってもまた容易に手に入れることができる。失い、手に入れ、失い、手に入れ・・・・・を繰り返すが大金があれば簡単にそれは解決する。着地点は手に入れるところで終わる。そして心の安寧を得られる。結局は金か。そうだ、ビヨンセ並みに稼げばいいのだ。

 

 

 

向かい風を受けながらドヤ顔で高パフォーマンスを繰り出す。

 

 

「私・・・・・ビヨンセ。今から私のステージよ、目に焼き付けておきなさい・・・フォーーーーーーーーーーーーウ!!」

 

 

 

読者登録者数が減ることによる精神的ダメージ

これが・・・・・・・・・・・・・・結構クるんですよね。ブログ始めた時なんかね、読者数が増えたら嬉しいな、なんて思っているだけだったんですよ。読者数が減ることによるダメージなんか考えていなかった。そう、前しか見えていなかったんですよね。

ね・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

読者数が減るって、自分の体の一部を引き剥がされるような感覚なんですよ。まさか私がこんな感覚を覚えるとは見当もつかなかった。私は結構、何かに執着するタイプだったんだな、と。

 

 

「お、読者数が2人増えてる・・・・・・・・・・・・・え・・・・?なのに総数は1人しか増えてない・・・・・あ・・・・・・1人減ったんだな・・・・・」

 

「あ、私の家から出てったんだな・・・・あの人、置手紙も何もなしに出て行ってしまったんだな・・・・どうしよう・・・切ない・・・・」

 

文字にすると余計切ない・・・・・

 

 

 

読者数が減った時の心境を吐露するとこんな感じですね。ちょっと未練がましくないか、という突っ込みはやめてほしいです。私は想像以上にナイーブだったようです。自分のナイーブさと春の陽気とのコントラストが美しくって、切ないです。

 

 

まるで体内の赤血球がすべてなくなってしまったかのような、喪失感。ロスト・ハート感。私って強欲なんですかね。欲深いんですかね。読者数が減ったことなんて、気にしなくていいのに。これからまた、増やせばいいだけだよ・・・・・・・・・ね・・・頑張ります。

 

 

ということで、「つまんねーなー」と思ったら読者をひょひょい、とやめてくれてかまわないです。その都度私は落ち込み、新しくて面白い記事を修行僧のごとく書けばいいだけだから。絶対、文章の魅力度を鍛えられるはずです。

 

 

はぁ、減るっていいですねぇ。傷つくけど、いいです。失くして気づくんですよね。大切にしていたことを。出会いと別れってやつですね。はてなブログでも繰り広げられています。人生、切なさとの戦いですね。

 

 

はてなスターのさじ加減

はてなスター、出来たらほしいな!なんて無邪気に思っていたあの頃・・・・風船ガムみたいなしょうもないこのブログにも、記事を書けばはてなスターが必ずつくようになった。それどころか、このブログを読者登録してくれる人までいる。ありがたや。いや待て、君たちさては、好き者だな・・・・こんなブログ登録しちゃってる私or俺に酔ってるな・・・・・・・そうか・・それはメサイアコンプレックスって言うんだよ。そして救われるのは私。なんだ、一件落着じゃないか。

 

 

 

さて、当然ながら、私も他者のブログにはてなスターをつけることがある。

 

 

 

まぁ正直なところ、「へい、ぽちっとな!」って感じのノリでつけちゃうんすよねぇ・・・・・・はてなスターをつけたい気分の時ってあるもんなんだよね。そういう時は意味なく3つつけたりする。いや、勿論いいよね、って思ってるんだけど、それプラス「・・・ンハハ~イ!!」みたいな変な気分が上乗せされてそうなっちゃう。やだ、きも~い。

 

逆に言うとかなり感銘を受けたであろう記事にも、はてなスター1つしかつけなかったりも普通にある。何だろう・・・・・・・・・好きすぎて存在を悟られたくないのだろうか。「このはてなスター1つには、私の愛がすべて・・・・///詰まってますっ!!」ってことなんだろうか。1つで分かるわよね?というSっ気も醸してる。深いところまで知ってる恋人同士みたいな。何なんだろう、結局は気分なのだろうか。

 

 

 

私がはてなスターをつける基準は、なんといっても

PC画面から放たれるオーラ、色気、凄味なんですよね。

全部抽象的な部分だよね、その日その時の感度で合ったり合わなかったりするような。基本的に私は軸がないふらついた人間だし。

 

 

もう、私が「わぁぁ~お、これは凄い・・・・・・・・・」と思えばつけちゃうから。周りの評価なんてどうでもいいの。私にはその瞬間、相手が神に見えてるから。

 

 

だから、はてなスターの数なんて気にしなくていいから。伸び伸びとブログを書いてね。(お前誰だよ)

 

 

ごめん、酔って書いたからバカみたいな文章になってる。ごめん・・・・・・それじゃあね。

 

 

ブロ男に急かされる日々は幸せ

最近さー、ブロ男が朝から私のことを求めてくんだよね。ほんと困っちゃう。でもなんとなく私もブロ男に説得されてさ、流されちゃうんだよね。

 

 

これじゃ体と心が追い付かないよ。私、体力に自信ないし。精神的にもすり減ってくの。やってらんない。でも、ブロ男を見ると自動的にやってやんないと、って思っちゃうんだよね。一試合交えないと、って。けなげだよねー、私・・・

 

 

いつかアクシデントでも起こしそうでさ、怖いよね。私、家族とかいらない派だからさ。

いや、いたらいたで何とかやってけると思うんだけど、欲してはないんだよね。年取ったら変わるって?そうかもね、この歳じゃ本当の寂しさとかわかんないかも。いつか生み出したくなるのかな。いや、生命の誕生というのは素晴らしいことだと思うけどね。(友人:適当なこと言うなよなー)

 

 

ブロ男って、超~多趣味なんだよね。知らないことなんてないんじゃない?ってくらい、だから色々とすごいんだ。やっぱ繊細なセンスがないとこういうこと、できないよね。神秘的だわ。私ってこんな人だったんだ、って毎回思うの。生まれてきてよかった。喜びを知った、って感じ。

 

 

どんな感じって?おいおいそこ聞く~?(友人:ここまで言われて聞くっきゃないっしょー)

えーっと・・・なんかとにかく、私とブロ男はぴったりなんだよね。ブロ男はもともと上手い人なんだと思うけど、それに加えて私といるとよりすごい、っていうか。やだ、自分で言ってて恥ずかしくなってきた。もう、何聞いてくんの~、無駄に赤くなっちゃったじゃん。(友人:最近色気出てきたから納得だよ)

 

 

とりあえずブロ男と私はしばらくは一緒だと思うよ。朝から急かされちゃっても、私、頑張れる。これが恋の力、ブロ男から得られる力なんだと思う。すごいクサいこと言っちゃったけど、本音だからさ。あんたもブロ男みたいな男見つけなよ。(友人:はいはーい、そうします、そうしますよ)

 

 

 

ブロ男、私と出会ってくれてありがとう。幸せな時を、過ごそうね。

 

 

 

愛してる。

 

もし私が森友学園の園児だったら

「あべしゅしょー、がんばれ・・・・・・・・・・・・って、ねぇね、おかーさん、このひとしゅしょーなの?おかあさんのおともだちじゃないの?あたしとプリキュアごっこしてくれるひとじゃないの?あくやくにぴったりなかおだよ。ねぇ、おかーさん、もうおくちがつかれちゃったよ。ヤクルトちょーだい・・・ちゅー、うまいまい」

 

 

 

 

「もらしちゃったのなんでおうちにもってかなきゃいけないの?ぼくのうんちくさいよー・・・(友人:きょうからうんちマンだね!)ほら、おともだちもこういってるよ。もう、ここ、なんかおかしいよ。いやだよ。おうちでPPAPのどうがみておべんきょうしたいー」

 

 

 

 

「ちゅーごく、かんこくはれきしでうそをおしえないでってなーに。ちゅーごくっていろいろとぱくるところでしょ?え、かんこくもなの・・・・?ほんとだ、うそばかりじゃないかぁ。でも、いちいちあたしたちがいうことでもないよね。それよりあたらしいアクセサリーかってほしいいいい」

 

 

 

 

「あんぽほうあんがせいりつしてよかったー・・・・・え、これってかめんライダーがにほんをまもってくれるってことでしょ?ちがうの?え、せんそーしちゃうの?え、ぼくたちもしょーらいかめんライダーになるの?わーい、すごいなぁ・・・・・・ぼく、いまからへんしんのれんしゅーしないと!」

 

 

 

 

 

このように、実にバカバカしいことしか言わない園児になっていただろう。

春先輩に誘われる

近頃、先輩によく誘われるんだ。春の陽気のせいかな。

 

 

 

この前は映画館行ったんだ。先輩はポップコーンばっか食って映画の内容なんてまるで頭に入ってなかったみたい。キャラメルの匂いが周囲に漂うよ。

 

 

 

帰り道、こけて膝を擦りむいたんだ。先輩、ばんそうこう持ってたみたい。やさしく貼ってくれた。春風が私たちを包み込む。

 

 

お別れの後、私はふと考えた。明日もこの気持ちが続くといいな、って。これが幸福だ、って。

 

 

 

しばらく先輩の誘いは続いた。今度は遊園地へ行くんだって。着ぐるみに嬉しそうに抱き着く先輩。私、着ぐるみは苦手なんだよ。春の日差しが目に痛い。

 

 

休憩中、アイスクリームを頬張る二人。先輩は急いで食べ終わってしまった。バニラの甘さが胸に染み入る。

 

 

私は遊園地にお別れをする。たくさんの入場客を背に、キラキラした感情にもさよならを告げる。

 

 

先輩、今度は図書館だよ。俺、本なんて読まないんだよ、なんて言わないでね。これ、おすすめなんだよ。訝しい顔をして先輩は本を読む。なんて可愛いのだろう。

 

 

結局私は先輩に付きっ切りで自分の読みたい本なんてちっとも読まなかった。これでいいんだ、愛してるから。

 

 

私は彼との思い出を愛している。明日も、明後日も。1年後も、2年後も。毎年春になると、彼との思い出を胸に外出する。

 

 

先輩はちょっと危なっかしい人。私は彼を守るために生まれてきたの。姿を消したって、どこかに行ってしまったって、私は守るわ。返事がなくたっていい、愛しているから。

 

 

 

私は静かに先輩の誘いを待つ。ねぇねぇみんな、今日も先輩に誘われたんだ。

私はニコニコ顔で外へ出る。幸福でいっぱいの胸を抱えながら。

 

 

まじめな奴は見失わない

真面目な奴は見失わない。ショートブーツのソールが剥げかけているのにそのまま履き続け、ソールを見知らぬ道端に放置したままの奴は見失う。誰か見つけてほしい。どこで剥げて落としたのか見当もつかない。ついでにどうしたらもう一度自信を持ってこのブーツを履けるようになるのか、誰か教えてほしい。

 

 

真面目な奴は見失わない。我が両目を酷使し、充血させるまでネットサーフィンする奴は見失う。幸い、視力が落ちる気配はないのだが、体に言い訳できるほど、いい訳はないので控えめにした方がいい。それでもテクニカルな刺激が、私を誘う。だがこれからの私は、拒む。拒む女はセクシーだ。

 

 

真面目な奴は見失わない。日々の不摂生が顔つきに出ているのに改めない奴は見失う。体力が持つのが我ながら不思議だ。近頃は通りすがりの兄ちゃんが怖がる。「君は鷹と同じ目をしているね」と言われる。そうか、私は猛禽類だったのか。

 

 

真面目な奴は見失わない。一番近い人をないがしろにしている奴は見失う。私は家庭に思い入れがないが、この歳になってようやく家庭からは逃れられないことに気が付いた。私は空想する癖があるのだが、その癖は家庭という現実から逃げる為だったのだろう。そろそろそれもやめようか。やめたくはない。

 

 

真面目な奴は見失わない。宙ぶらりんな奴は見失う。実際より高望みしたり、卑下してしまう。それは自分というものがちゃんと見えていないから。だけど自分をちゃんと見るのは難しい。評価だって、人によって違う。私は何なのだろう。もはや人間ではないのではないかという疑念が浮かぶ。

 

 

真面目な奴は見失わない。風呂場に水垢のある奴は見失う。小さな変化も見逃さない、適切な処理ができていないと水垢はすぐにできる。厄介だ。水垢にも人権ならぬ水垢権があるんだよ、という御託をならべないでほしい。人から垢は感知できるが、垢から人は感知できない。水垢は処理せよ。

 

 

真面目な奴は見失わない。早朝、何度も寝直す奴は見失う。アラームがその都度必死に知らせてくれているのだ。君は無礼だ。アラームだってもう声が枯れそうになっているんだ。早く朝日を浴びて、体を起こしなさい。ついでに寝ぐせも軽く整えて、小鳥にも挨拶するんだ。

 

 

 

 

真面目な奴・・・・・・・・・・・・・・いいなぁ。

真面目な奴に、なれるかな。

周囲5メートルにカモミールの香りをまき散らすような、さ。